美白に良くない食べ物は

美白に効果を引き出す食べ物を一生懸命食べても、美白を妨げる食べ物を摂取してしまうと、効果も半減してしまいます。

なるべく、美白を妨げる食べ物は食べないようにしましょう。

①ソラレン
ソラレンとは、光毒性がある成分。ソラレンをたくさん食べて紫外線を浴びると、シミが出来きやすい肌にしてしまいます。キュウリ、パセリ、セロリ、春菊、シソ、三つ葉、レモン、ライムなど。夜は紫外線を浴びないので、夜摂取すると問題ないそうです。

②お酒
お酒に含まれるアルコールは、血行を促進してしまいます。少しでも日焼けをしてしまうと、日焼けの炎症を促進させてしまいます。日中に炎天下でビールなんていうのは、絶対してはいけません。お酒は、夜飲みましょう。

③添加物が入っている食べ物
添加物が入っている食べ物は、活性酸素を発生させてしまいます。活性酸素はメラノサイトの動きを狂わせてしまいますので、メラニンを大量に作り上げてしまいます。添加物が入っている食べ物は、なるべく避けましょう。

食べ物に気を使うだけでも、美白効果はあがります。
美白化粧品などと併用してやってみると、必ず良い結果に結びつけてくれます。
是非、気にかけて実行してみましょう。