美白成分とは?

美白有効成分とはメラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐ、又はこれに類似した効能を表示する事が、厚生労働省より認可された成分の事です。
安全性と有効性から、配合しても良い量が決まっています。
現在、およそ20種類の成分が認可されていると言われています。
厚生労働省より認可されていない成分が配合されている化粧品は、美白有効成分とはいえなく、違うワードを使わなくてはいけない程、厳しいとも言える決まり事です。

しかし、認可されていない成分はダメという訳ではなく、効果を得られない訳ではありません。
認可されているかどうかの問題で、肌に良い影響をもたらたしてくれる成分も、沢山あります。

化粧品は、本来、自分の肌に合う成分が必要です。
どのような成分であっても、ご自分の肌に合う成分を探し出して使う事が、本来の目的となります。
人により肌の質が違うので、どの成分が有効的に効くのかは、違っていきます。
他人の体験話を聞いても参考にならない事がありますので、是非自分の肌で確かめましょう。

主な美白有効成分とは

具体的な美白有効成分を、ご紹介します。
よく耳や目にする美白有効成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、m-トラネキサム酸、4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム酸)、エナジーシグナルAMP、マグノリグナン、プラセンタエキス、D-メラノ、ロドデノール、TXCなどがあり、これが全てではありません。
そのうち、ビタミンC誘導体とアルブチン、トラネキサム酸について、大まかにご紹介します。

・ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの弱点を改善させた成分です。
ビタミンCのままでは、空気に触れると酸化しやすく水に溶かすと活性を失う為、ビタミンC誘導体という形に変えて体内に吸収します。
体内で、ビタミンCに変化します。
肌細胞の奥深く、真皮まで達する事が出来、美白効果を多く期待出来る成分です。
肌のターンオーバーを促す作用もあり、メラニンの排出を促進します。

・アルブチン
コケモモから抽出した成分です。
チロシナーゼを抑制する効果があり、メラニン色素に作用されません。

・トラネキサム酸
止血剤として使われている、人工アミノ酸です。
情報伝達物質を阻害してくれる働きがあり、事前抑制をしてくれる成分です。
主に言われているにが、かんぱん用の内服薬として、メディアでも多く観かけられていると思います。
メラノサイトの活性化を促進する、プラスミンの動きを抑制する小夜いうがあります。
シミを作る初期段階から抑制してくれる、頼もしい成分です。

厚生労働省公認じゃなくても、効果のある物

厚生労働省公認じゃない成分も、実は沢山あります。
ハイドロキノンや、アスタキサンチン、フラーレン、など、聞き慣れた成分が沢山あります。
まだまだ沢山ありますが、ここでは、ハイドロキノンとアスタキサンチンについて、大まかにご紹介します。

・ハイドロキノン
メラノサイト自体を減らし、チロシナーゼを抑制してくれる作用があります。
メラニンの抑制を抑える事が出来ます。
ハイドロキノンは、シミの特効薬と言われる成分で、以前は医療用のみでした。
近年は、スキンケアにも配合されるようになりました。

・アスタキサンチン
抗酸化作用があり、活性酸素対策をしてくれます。
紫外線等の外的刺激から守ってくれ、活性酸素を発生しづらくしてくれます。
活性酸素が必要以上に発生しなければ、シミなどの抑制が出来ます。

全ての成分に言える事は、成分によって肌に合わない事があるということ。
まずは、トライアルなどで試されてから使うスキンケアを選ぶ事をオススメします。