主な美白有効成分とは

具体的な美白有効成分を、ご紹介します。
よく耳や目にする美白有効成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラET、m-トラネキサム酸、4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム酸)、エナジーシグナルAMP、マグノリグナン、プラセンタエキス、D-メラノ、ロドデノール、TXCなどがあり、これが全てではありません。
そのうち、ビタミンC誘導体とアルブチン、トラネキサム酸について、大まかにご紹介します。

・ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの弱点を改善させた成分です。
ビタミンCのままでは、空気に触れると酸化しやすく水に溶かすと活性を失う為、ビタミンC誘導体という形に変えて体内に吸収します。
体内で、ビタミンCに変化します。
肌細胞の奥深く、真皮まで達する事が出来、美白効果を多く期待出来る成分です。
肌のターンオーバーを促す作用もあり、メラニンの排出を促進します。

・アルブチン
コケモモから抽出した成分です。
チロシナーゼを抑制する効果があり、メラニン色素に作用されません。

・トラネキサム酸
止血剤として使われている、人工アミノ酸です。
情報伝達物質を阻害してくれる働きがあり、事前抑制をしてくれる成分です。
主に言われているにが、かんぱん用の内服薬として、メディアでも多く観かけられていると思います。
メラノサイトの活性化を促進する、プラスミンの動きを抑制する小夜いうがあります。
シミを作る初期段階から抑制してくれる、頼もしい成分です。