美白というワードは、簡単に使えない厳しいワード

「美白」というワードを使う為には、厚生労働省が認可した美白有効成分が配合され、且つ医薬部外品(薬用)の承認を受けた商品のみが「美白」というワードを使う事が出来ます。
こういう部分は、他の化粧品の効能とは全く違う扱いをされ、とても厳しいです。「美白」と書いてあるスキンケアは、政府のお墨付きの商品しか無い、という事になります。
逆に、厚生労働省が認可されていないのに「美白」のワードを使う商品は、「薬事法違反」になります。
美白化粧品を選ぶ際に本当に美白化粧品かどうかを見極める為には、薬用美白であるかどうか、必ずチェックしましょう。

厚生労働省が認可した美白有効成分は、9種類あります。
エラグ酸、アルブチン、ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸、プラセンタエキス、カモミラET、リノール酸、t-AMCHAがあります。
これらは同じ美白作用ではなく、それぞれ働き方は微分に違います。
この9種類以外にも、似たような働きをしてくれる成分も多々あります。
どの成分が自分の肌に有効なのかは、自分の肌で感じるしか方法はありません。

美白化粧品を使ってみて、効果を感じない方も沢山居ます。
そういう方は、使った美白化粧品の有効成分を調べ、同じ成分じゃない美白成分配合の美白化粧品を選んでみましょう。
美白成分の違いで、自分の肌に合致する事があります。
色んな肌質があるのと同様、美白成分も色んな性質があります。

医薬部外品の承認を受けていない美白関係の化粧品は「ブライトニング」という表現をしている商品もあります。
色んな美白成分にチャレンジし、自分の肌に合う美白成分を見つけましょう。