炎症性色素沈着とは何か?

炎症性色素沈着は、ニキビの跡や傷跡による色素沈着です。
ニキビ跡や傷跡が炎症を起こして、その刺激でメラニンが増殖されて、シミになってしまいます。
炎症性色素沈着を起こしてしまう症状は、ニキビ(吹き出物)、傷痕、虫さされ、やけど、湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎等によって発生する事が主です。

これらの傷や出来物が終息する前に、必ずなってしまう色ジミです。
誰にでも1度は経験したことがある、シミだと思います。

いわゆるシミの括りですが、一般的なシミと明らかに違う所は、時間が経過したら目立たなうなる所です。
時間の経過で治るなら、放っておくのも選択肢の1つです。
でも、顔に出来てしまった物であれば、早く治して綺麗な肌になりたいですよね。