炎症性色素沈着の対処方法―①ビタミンC補給

炎症性色素沈着は、ほとんどが時間の経過で自然と薄くなっていき、やがて消えていきます。
しかし、炎症性色素沈着が重度の場合は、2年~3年かかる物もあり、長い時間を費やす場合もあります。
メラニン色素が真皮まで到達している場合は、綺麗に消えて無くなってくれない場合もあります。
真皮に到達していない炎症性色素沈着は、美白化粧品やピーリングでケアをしていく事が可能です。

炎症性色素沈着を早くケアする成分は、ビタミンCです。
ビタミンCは、高い抗酸化作用と漂白作用があります。
活性酸素の動きを抑制する働きもあり、シミの元になるメラニンの生成を抑制してくれます。
出来てしまったシミを、薄くケアしてくれます。

皮膚の新陳代謝を高めてくれ、肌のターンオーバーを正常にする作用もあります。

抗炎症作用や皮脂分泌を抑える働きもあり、コラーゲンの生成を補助してくれます。
傷ついてしまった肌を、内側から修復させる作用もあります。

ビタミンCは、そのままでは肌に浸透しづらい成分です。
その為に化粧品では、ビタミンC誘導体と形を変えて使用します。
名称は違いますが、肌の中に入っていくとビタミンCに変化するので、ビタミンCを肌に補っている事と同様になります。