40代でも肌のクスミ治りますか


40になった頃から、肌のくすみが目立ってきました。
年々どんどん曇りがちの肌になっていき、ワントーン暗めになってきました。
更に、所々シミも出始め、綺麗な肌では無くなってきました。

毎日一生懸命、ファンデーションでカバーして目立たなくしています。
厚塗りになってしまうので、時間もかかりとっても面倒です。

このまま悪化してしまうのではと、とても怖いです。
40代では遅いのかもしれませんが、40代でも効果のあるクスミケアは、どんな事がありますか。

何故40代は肌のくすみが進むのか

早い人は30代から、肌の質が変わっていきます。
若い頃と明らかに違うのは、肌のターンオーバーが長くなる事。
若い頃は、28日周期で生まれ変わります。
30代40代になると、長い人は45日周期にまで遅くなってしまいます。
周期が長くなる事で、肌トラブルが発生すると改善まで時間がかかってしまいます。

30代や40代からは、若い時よりも更に念入りにケアをしていかなければなりません。
シミやくすみの無い綺麗な肌を維持する為には、より一層のケアが重要となります。
自分の肌の為には面倒に思わず、手厚いケアをしましょう。

ピーリングケアをしよう

肌のターンオーバーが遅くなっていくの、古くなった角質が肌に溜まりやすくなってしまいます。

①古い角質はピーリングで
古い角質は、適度にピーリングを行って、綺麗にしてあげましょう。肌の新陳代謝があがりますので、肌がキレイになっていきます。

②ピーリングはプチプラでもOK
ピーリングは、ドラッグストアに売っているようなプチプラピーリングでもOKです。くすみが気になる場合は、週2程やってみると良いでしょう。

③綺麗にしたいからと、やり過ぎない
くすみを早く綺麗にしたいからといえ、過剰にやり過ぎると肌に負担がかかります。ピーリングは想像以上に強いので、適度な頻度を保ちましょう。

しっかりメイク落としと洗顔

メイク汚れや皮脂があると、くすみを引き起こしてしまいます。

①きちんとメイクや汚れを落とす
メイクや汚れが肌に残っていると、それがくすみに繋がります。メイク落としや洗顔は、きちんと綺麗に確実に汚れを落としましょう。クルクル素材を肌の上で動かす事で、汚れが浮いてきます。すすぎも、きちんとしましょう。

②くすみには弱アルカリ性の洗顔料を
弱アルカリ性の洗顔料を使って、優しく丁寧に洗ってあげましょう。摩擦は、肌のくすみを高めてしまうので、あくまで優しく。

③皮脂が気になる時はメイク落としを
メイクをしていなくても、皮脂が酷い場合は、メイク落としをしましょう。皮脂が酷いと、くすみに繋げてしまう事があります。

やってはいけない、スキンケア

スキンケアで肌にダメージを与え、くすみに繋げてしまう事があります。

①コットンを使ってはいけない
肌にくすみがあるときにコットンを使うと、肌に摩擦力がかかるので、肌にくすみを増してしまいます。手で優しく付けてあげ、手でこすって付ける事も避けましょう。

②クリーム等でマッサージ
クリームを使うと摩擦力が軽減されますが、それでもクスミが起きている肌には大きな負担です。肌のくすみが出ているうちは、マッサージは極力我慢しましょう。

③乳液やクリームの塗り過ぎ
乳液やクリームは、本来スキンケアの最後の蓋の役目なので、薄っすら付ける程度でOK。付け過ぎると油分が肌に多くなるので、肌のくすみを高めてしまいます。

このページを見た人はココもチェックしています!