脂漏性角化症(しろうせいかくしょう)とは、何か

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とは、見た目的にはシミの色合いと似ており、シミと違う部分は、全体が盛り上がった感じになっている所です。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)が発生してしまう原因は、紫外線の影響と年齢肌による皮膚の老化です。
30代後半以降、肌の雰囲気に変化が出てきますが、そんな時に気が付いたら出来ている事に気付いた!なんていう、肌年齢の方もいらっしゃると思います。

最初はシミのような平らなので、シミが出来たのかと勘違いしてしまいがちです。
素人には見分けがつかないので、ただのシミと勘違いしてしまいます。
しかしそこから、少しずつ盛り上がってきて、色も少しずつ濃くなっていきます。
茶色~黒色になり、表面が少しざらついて盛り上がっていきます。

厄介なのは、年々少しずつ大きくなっていく事です。
数も、どんどん増えていくそうです。
小さいうちに除去すると、増えていかないそうです。
増えていっている事を実感している方は、早目に処置した方が良いと思われます。