肝斑とは何か?きちんと認識するところから始めましょう

肝斑とは、メディアでも目や耳にするので、ネーミングはご存じの方も多いと思います。
シミと肝斑の違い...いきなり聞かれて正確に答える事は出来ますか?

肝斑は、普通のシミとは全く違います。
性能や出来方等、全てがシミと肝斑とでは違います。
ですので、シミと同じケアをしてしまうと、全く効果を得る事が出来ません。
効能を得る事が出来ないどころか、逆に悪化させてしまう事もあり、とても危険です。

肝斑にお悩みの方は、肝斑本来の性能や出来上がっていく仕組み等を正確に覚えましょう。
そして、正確に肝斑に取り組んでみましょう。

肝斑が出来る原因

肝斑は、女性ホルモンの乱れで出来てしまうと言われています。
女性ホルモンの乱れも様々ですが、妊娠やピルの服用などでのホルモンの乱れが原因になる事が大半だとも言われています。
年齢的には、女性ホルモンの活動が活発になる30代~40代で肝斑が発生する人が多く、60台になると殆ど見られない所が特徴です。

女性ホルモンのバランスが崩れると、表皮の大半を占めるケラチノサイトという細胞を刺激してしまいます。
刺激されることにより、プラスミンという分解酵素が増えて、メラニン色素を作り出してしまいます。

肝斑は、シミ程紫外線に左右されません。
しかし、多少の影響はあるので、注意が必要です。
更に、洗顔や顔のマッサージなどの肌への刺激でも、肝斑を悪化させてしまいます。

肝斑とシミの大きな違い

肝斑は、シミの仲間の1つでもあります。
しかし、出来るプロセスが違うので、見た目や括りが同じでもケアの方法が全く異なっていきます。
シミは紫外線を浴びる事によって出来るプロセスですが、肝斑は紫外線い当たらなくても出来てしまいます。
紫外線対策をしても出来てしまう、肝斑。
ですので、シミ対策の美白スキンケアをしても、全く響きません。

シミに効果あるレーザー治療を肝斑に行っても効果を得る事は出来ません。
それどころか、逆に悪化させてしまいます。

肝斑とシミの見分け方

自分のシミ状況が肝斑なのか否か、簡単に見分けるのは容易ではありません。
1番解りやすい形としては、頬骨や額、口の周辺に左右対称で出来てしまっている事です。
色の正確さが乏しく、境目がクッキリとしていなく、もやっとした感じで出来る所も1つの特徴です。
色が変化する事もあり、季節によって薄くなったり濃くなったりする事もあります。

見た目的には、これらの異常を感じたら、肝斑の可能性があります。
肝斑ケアを試してみる事も、有効といえます。

肝斑のケアは、トラネキサム酸で

肝斑に効果的なのは、トラネキサム酸と言われています。
トラネキサム酸配合の、トランシーノを使ってみると良いでしょう。

トラネキサム酸は、肝斑の原因プラスミンの働きを抑制する効果があると言われています。
色素沈着抑制効果がある内服薬で、肝斑に効果を出してくれます。

内服薬は、有効成分が血流にのって皮膚のすみずみまで届いて浸透します。
表皮の深い所にあるメラノサイトにより到達し、効果を発揮してくれます。

薬局などで、6000円位で販売されています。
これを2か月程度服用する事で、肝斑ケアをしていきます。

肝斑は、想像以上に厄介な肌の色ムラです。
安易に間違ったケアをしてしまうと、悪化させてしまう事があります。
効果的な事のみを実行し、綺麗な肌に導きましょう。