肝斑が出来る原因

肝斑は、女性ホルモンの乱れで出来てしまうと言われています。
女性ホルモンの乱れも様々ですが、妊娠やピルの服用などでのホルモンの乱れが原因になる事が大半だとも言われています。
年齢的には、女性ホルモンの活動が活発になる30代~40代で肝斑が発生する人が多く、60台になると殆ど見られない所が特徴です。

女性ホルモンのバランスが崩れると、表皮の大半を占めるケラチノサイトという細胞を刺激してしまいます。
刺激されることにより、プラスミンという分解酵素が増えて、メラニン色素を作り出してしまいます。

肝斑は、シミ程紫外線に左右されません。
しかし、多少の影響はあるので、注意が必要です。
更に、洗顔や顔のマッサージなどの肌への刺激でも、肝斑を悪化させてしまいます。