肝斑とシミの見分け方

自分のシミ状況が肝斑なのか否か、簡単に見分けるのは容易ではありません。
1番解りやすい形としては、頬骨や額、口の周辺に左右対称で出来てしまっている事です。
色の正確さが乏しく、境目がクッキリとしていなく、もやっとした感じで出来る所も1つの特徴です。
色が変化する事もあり、季節によって薄くなったり濃くなったりする事もあります。

見た目的には、これらの異常を感じたら、肝斑の可能性があります。
肝斑ケアを試してみる事も、有効といえます。