シミは何故出来るのか

歳を増していくと、徐々に増えていくシミ...
特に何ら変化も起きていないはずなのに、いつの間にか出来ていますよね。
何かしちゃったかしら?と問いかけたい位に、身に覚えが無いのに出来ていますよね。

シミが出来る原因は、紫外線等の外的刺激。
紫外線を浴びる事で肌の中に潜んでしまう、メラニンの影響です。

しかし、シミが出来る原因は、それだけじゃないのです。
肌に影響を与えてしまうマッサージやストレス、ホルモンバランスの崩れ、ニキビや肌荒れ、色んな要素が加味して発生してしまいます。
年齢肌になっていくと、外的刺激の他、体の内部の微妙な変化の要素によってもシミは発生してしまいます。
こう考えると、なかなかシミは回避出来ない物理的問題でもあります。

シミが出来る流れ

シミが出来る場所は、主に肌の表皮の部分です。
肌の表皮は、肌のターンオーバーが行われる場所ですので、表皮に出来たシミは、自然と消えやすいです。

表皮の1番下の部分には、メラノサイトという、肌のガードマン的な存在の成分があります。
外的刺激や内部要因で刺激されると、ケラチノサイトがメラニンを大量発生させてしまいます。
メラノサイトにまでメラニンが行き届いてしまうと、奥底に定着してしまい、シミになってしまいます。

シミが定着しちゃう肌は、肌のターンオーバーが悪い証拠

シミは、ほとんどが表皮にあります。
肌のターンオーバーが正常に行われると、アカとなって体外に排出されます。

ニキビがどんどん大きくなったり、色が濃くなってきたりするという事は、肌が健康ではない証拠です。
もちろん肌のターンオーバーも、正常なわけがありません。
その為、メラニンも肌の中に残ったままになってしまいます。
これにより、色素沈着になってしまい、どんどん肌に定着してしまいます。

シミの出来掛けに気付いたら、肌のターンオーバーを正常に戻す努力をしてみましょう。
どんな化粧品や塗り薬よりも、効果を出す事が出来るかもしれません。

シミ等の色素沈着は、肌のターンオーバーの正常さで自然に消えてしまう物なのです。
しかし。肌が弱っていると、それは出来ません。
どんどんシミが残っていき、色むら肌が定着してしまいます。

肌をいかに健康にし、そうじゃ無い場合は肌をいかに回復させるか、がカギと言えます。

遺伝でもシミが出来やすくなります

シミが極端に出来やすい方は、ご自分の両親や祖父母を想像してみると、シミが多い家系だなぁ~と思った事はありませんか。
そういう方は、遺伝でシミが出来やすい可能性があります。
ほくろが多いのが、遺伝で血族に多いという意味合いと同じですね。

残念ながら、遺伝なので回避する事は不可能に近いです。
でも、生活習慣や日頃のお手入れの仕方によっては、遺伝を克服してシミが出来にくい肌や、シミを目立たなくする事は可能でしょう。

喫煙は、シミが出来やすい

タバコがシミに影響を与えてしまう事は、喫煙する事でビタミンCを破壊してしまうからと言われています。
ビタミンCは、肌を綺麗にしてくれる大事な成分です。
喫煙し続けると、体内のビタミンCをどんどん破壊し、ビタミンC不足にしてしまいます。
体内のビタミンCは乏しくなり、肌の健康さをどんどん損なってしまいます。

ビタミンCには、メラニン抑制効果があります。
喫煙によってビタミンCが乏しくなると、メラニン抑制も出来なくなり、メラニンを体内にいっぱい蓄積させてしまいます。
当然、多くのメラニンの影響で、シミが出来やすくなる、という流れになってしまいます。

たばこに含まれているニコチンは、肌を乾燥させてしまう作用があります。
たるみやシワの原因にもなり、年齢肌には厄介な作用をしてしまいます。
更に、喫煙は老化の原因となるので、肌老化を促進させ、その影響からもシミが出来やすいという事になってしまいます。