シミが定着しちゃう肌は、肌のターンオーバーが悪い証拠

シミは、ほとんどが表皮にあります。
肌のターンオーバーが正常に行われると、アカとなって体外に排出されます。

ニキビがどんどん大きくなったり、色が濃くなってきたりするという事は、肌が健康ではない証拠です。
もちろん肌のターンオーバーも、正常なわけがありません。
その為、メラニンも肌の中に残ったままになってしまいます。
これにより、色素沈着になってしまい、どんどん肌に定着してしまいます。

シミの出来掛けに気付いたら、肌のターンオーバーを正常に戻す努力をしてみましょう。
どんな化粧品や塗り薬よりも、効果を出す事が出来るかもしれません。

シミ等の色素沈着は、肌のターンオーバーの正常さで自然に消えてしまう物なのです。
しかし。肌が弱っていると、それは出来ません。
どんどんシミが残っていき、色むら肌が定着してしまいます。

肌をいかに健康にし、そうじゃ無い場合は肌をいかに回復させるか、がカギと言えます。