喫煙は、シミが出来やすい

タバコがシミに影響を与えてしまう事は、喫煙する事でビタミンCを破壊してしまうからと言われています。
ビタミンCは、肌を綺麗にしてくれる大事な成分です。
喫煙し続けると、体内のビタミンCをどんどん破壊し、ビタミンC不足にしてしまいます。
体内のビタミンCは乏しくなり、肌の健康さをどんどん損なってしまいます。

ビタミンCには、メラニン抑制効果があります。
喫煙によってビタミンCが乏しくなると、メラニン抑制も出来なくなり、メラニンを体内にいっぱい蓄積させてしまいます。
当然、多くのメラニンの影響で、シミが出来やすくなる、という流れになってしまいます。

たばこに含まれているニコチンは、肌を乾燥させてしまう作用があります。
たるみやシワの原因にもなり、年齢肌には厄介な作用をしてしまいます。
更に、喫煙は老化の原因となるので、肌老化を促進させ、その影響からもシミが出来やすいという事になってしまいます。