シミを作らせないUV化粧品

日焼け止め化粧品には、spfとpaの表示があります。
その数字は、一定の条件で選定された客観的な数値です。
使う時は、目的と条件を加味して、賢く選びましょう。

高spfを塗っておけば、どんな紫外線でもさえぎる事が出来るから、常に高spfを塗っている方が結構多いようです。
spfは高くなればなるほど、肌に大きな負担をかけてしまいます。
その時に出かける目的や時間を考えて、使いuvケアのspf数字を使い分けましょう。
その為に、色んな種類のuvケアが発売されています。

日常生活で、少し外に出たりお買い物に行く程度でしたら、低spfで肌を守る事が出来ます。
spf20程度で十分でしょう。
通勤などで外に出る程度でしたら、spf30程度でok.
炎天下のレジャー(海や山でのレジャー)では、高spfや高paの物を使い、2~3時間ごとにマメに塗りましょう。spf40~50の最高値のuvケアを使いましょう。<