雀卵斑(そばかす)とは何か?正確に知りましょう

雀卵斑(そばかす)とは、小さくて薄い茶褐色の斑点で、細かく出来てしまうシミの事を指します。
主にほほや額、目や鼻のまわりなど左右対称に出来てしまう事が多く、首や背中、胸に出来る事もあります。
皮膚の色が濃い肌より、色白の方や白人の方に出来やすい傾向があります。
季節的に色の濃淡が変わる性質があり、春から夏にかけて色が濃くなるという特徴があります。

出来てしまう1番の要因は、遺伝性と言われています。
遺伝性が無い場合は、日光が当たる事により出来てしまい方も居ます。
大凡5~6歳の幼少期から発生して、思春期にはより目立つようになっていきます。
大人になるにつれて薄くなっていくケースも多いですが、そのまま残ってしまう方も居ます。

医学的には問題の無い物と言われていますが、他の病気とにより引き起こしている事もあります。
あまりにも気になる場合は、お医者さんに相談してみましょう。

雀卵斑(そばかす)が出来る原因

肌の色がまだらになってしまうのは、やはり気分が良いとは思えないですよね。

遺伝性であってもそうじゃなくても、が出来るきっかけは、紫外線を浴びてしまう事です。
紫外線を防ぐ方法が、1番効果的と言えます。

紫外線を浴びる事で、メラニン色素が異常に増えてしまい、色素沈着して徐々に出来てしまいます。

他に、肌に合わないスキンケアや洗顔、化粧品の使用、大きなストレス、ビタミンやミネラル不足、睡眠不足や不規則等も原因と言われています。

紫外線対策をし、徹底的に紫外線を浴びない環境作りを

雀卵斑(そばかす)が出来るのを防止する為の1つとして、しっかりとした紫外線対策をしていきましょう。
日焼け止め等のUVケアをし、紫外線を肌に浴びさせないようにしましょう。

外出時は、必ずUVケアをする事が大事となります。
且つ、長く強い紫外線を浴びる時は、SPF50などの高SPFの日焼け止めをし、UV加工をしている日傘や帽子を身に着け、徹底的に紫外線から肌をシャットアウトしましょう。
家に居る時も、窓から微分に紫外線を浴びてしまいますので、軽めのUV対策をし、紫外線を浴びない環境作りをしましょう。

美白化粧品で、雀卵斑(そばかす)対策をしましょう

雀卵斑(そばかす)かな?と思ったら、美白化粧品でケアをしていきましょう。
美白化粧品には、メラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防いでくれる効果があります。

ただし、効果は肌質により変わっていきますので、使うと必ず効果を得られるとは限りません。
1~3か月程使い、効果を感じない時は他の美白化粧品に変えてみましょう。
自分に合った美白化粧品ケアを見つける事が、大事となります。

ビタミンC配合の物や、ハイドロキノン、トレチノイン、カモミラETなど、雀卵斑(そばかす)に有効な成分は沢山あります。
この中でも、雀卵斑(そばかす)に1番効果が実感しやすいと言われているのが、ハイドロキノンです。
有名どころでは、アンプールは新安定型ハイドロキノンが配合されているので、とても効果的と言えます。
新安定型ハイドロキノンが配合されているのは、アンプールだけなので、試してみる価値ありです。

これらの雀卵斑(そばかす)に有効と言われている成分は、雀卵斑(そばかす)だけじゃなく、毛穴やニキビにも効果があります。
雀卵斑(そばかす)対策だけじゃなく、他の肌トラブルも解消する事が出来るので、肌が綺麗になっていきますよ。